M&Aの仲介業者に依頼しよう|手厚いサポートを受けられる

握手

経営戦略としてのM&A

中小企業が良く行っているM&A、企業買収は人や物などの経営資源を消耗しないようにするための高度な経営戦略です。仲介業者に依頼して契約を締結し、経営資源を維持できるメリットを認識すれば、必ず買収する側とされる側の両方が納得できる取引になります。

事業規模の拡大をサポート

ウーマン

安全に企業買収ができる

会社の事業規模を拡大する場合、最も効率的なのが企業買収です。例えば製造業の会社なら、事業規模の拡大にふさわしい他の製造業の企業を買収すれば技術や人材をそのまま確保することができます。買収しないとゼロから新規事業を立ち上げることになり、コストと時間がかかるのです。このような買収の時に、M&Aのコンサルタント会社に仲介を依頼します。M&Aコンサルタント会社では合併や買収を専門に取り扱っており、売却を希望する会社のデータをたくさん持っています。そのため事業規模を拡大したい時に仲介を依頼すれば、たくさんのデータの中からふさわしい売却希望の会社をマッチングすることができます。探す手間と時間を省くことができるのです。またM&Aコンサルタント会社に仲介を依頼すると、安全な買収が可能になります。売却希望の会社が負債を抱えていた場合、それを知らないで買収すると負債まで抱え込むことになるのです。特に海外との取引が多い会社では、表から見えにくい負債を抱えていることがあります。M&Aコンサルタント会社に仲介を頼めば、このような負債の状況や経営状態などを調べてくれます。また買収する時には株式譲渡が最も簡単でリスクの少ない方法ですが、M&Aコンサルタント会社に依頼すれば買収の方法についても的確にサポートしてくれますし、売却希望の会社との条件なども調整してくれます。たくさんあるM&Aコンサルタント会社の中から選ぶ時は、実績が豊富で信頼性の高い所を選ぶことが重要です。